風呂リフォームで快適な入浴~よく考えてリフォームしよう~

ストレスフリー問題改善で得る快適空間

無駄をなくす

リフォームとは、古くなった住宅を新しくすることです。リフォームをする理由は、古くなった住宅をあたらしくしてきれいに美しく、おしゃれに見せるという見た目の理由もありますが、それ以上にその住宅を長持ちさせるという理由があるのです。 かつては、あまりリフォームという考え方が定着しておらず、リフォームをするぐらいなら立て替えたほうがマシだという考えからが一般的でした。しかし、それは木造住宅寿命は30年と言われていた時代のことであって、最近は100年ぐらいは耐久年数はあるのではないかと言われるようになりました。 そこで、建て替えをするのはもったいない、それよりもリフォームをするという選択肢を選ぶ人が増えたのです。

また、リフォームは、その住宅の無駄遣いをなくそうという考え方にも基づいています。住宅の躯体である木造の柱は、耐震設計がなされていれば20年や30年程度ではまだ使えることが多く、一度壊して新しい住宅を作るとまだ使える木を捨てて、その代りまた新しい木を切ってこないといけないため、環境問題の面でも問題があるのです。 ところで、リフォームと同じようなものにリノベーション問う言葉があります。リノベーションは最近はやり出したものですが、いったいリフォームとの違いはなんでしょうか。リノベーションは、単に住宅を新しくするという理由だけではなく、その家の付加価値を上げることに意味があるのです。これは、テレビなどでも紹介されて瞬く間に広まりました。